ドンキーコング リターンズ


この記事はゲームのネタバレを含みます。紹介対象のゲームをプレイしたことのない方はクリアしてから閲覧することをお勧めします。


今日はこれ。

f:id:Siratama876:20170604144224j:image

ドンキーコングやったことないのでこれが初めてでした。今度バーチャルコンソールでやろう。
PV見て面白そうだったので衝動買い。ちがう、買おうと思ってPV見たら改めて面白そうだと思ったから買い。

やってみると予想外に死にまくって、この前のホライゾンのときに自分ゲーム下手だなって思ったのと同じように、下手だなぁって落ち込んでたんですけど、このゲームかなり難しいらしいですね。ほんとに。

それ見て安心しました。いや、まぁ、下手は下手なんですけど。でもクリアはしたし、中の下くらいでしょう。ゲームの上手さ。

ただ、難しいけど親切なゲームでした。
バルーンはたくさん手に入るし、お助けアイテムもあるし(使いませんでしたけどね!)

あとはやっぱりバナナが道標になってたり崩れそうな足場とかも割と分かりやすいので理不尽感はないです。だからこそ難しくてもやりたくなるんでしょう。

f:id:Siratama876:20170604145647j:image

演出とかグラフィックもすごいなって感じました。このゲーム、ドンキーでお馴染みのレア社じゃなくてレトロスタジオってところが作ってるっぽいんですけど、いきなりドンキー任されてこんなの作れるなんてすごいですねこの会社。
BGMも超よいです。

f:id:Siratama876:20170604145821j:image

惜しいなって思うのはラスボスくらいです。他のボスとあんまり変わらなくてちょっと盛り上がりにかけたかな?ただ、今までのドンキーを知らないのでもしかしたらドンキーはこれでいいのかもしれないですね。

やり込み要素もかなりあるんですけど、あんまりやり込むタイプじゃないので気が向いたらやります。
ミラーモードとかできる気がしないですし…
その前にパネル集められないか。







Horizon Zero Dawn


この記事はゲームのネタバレを含みます。紹介対象のゲームをプレイしたことのない方はクリアしてから閲覧することをお勧めします。


また再開します。
先日PS4と一緒にホライゾン買いました。

f:id:Siratama876:20170526021849j:image

PS3も持ってなかったので超久しぶりにハイエンドゲームをプレイしたのですが、進化がものすごくて驚きの連続でした。

こんなすごいグラフィックのゲームやっちゃうと他のものできなくなりそうです。
まぁ、全然そんなことはないんですけどね、ゲームに1番重要なのはグラフィックではないとやっぱり思います。
ただ1番重要なのは何?と聞かれたら結構むずかしいです。

このゲーム、機械獣に心惹かれて買ったわけで
、期待通り戦闘はめちゃくちゃ面白かったです。1番興奮したのは弔いの穴のデスブリンガー戦ですね。

まさか足場や遮蔽物などすべてのものが破壊されるなんてね。
普通フィールドのオブジェクトって壊れないお約束じゃないですか、あほみたいに壊されるんでよね。本当怖かった、あいつ。

あと、ノーマルモードでやってたのにめちゃくちゃ死にまくったので気付いたんですけど、ゲーム下手かもしれません。っていうか下手でした。

最後にフォーカスについて。

このシステムいいですよね。調べると機械獣の情報が分かるのでどこを狙おうとか、どの武器で攻撃しようとか、色々考えられて楽しいです。

あとハイライトされて弱点が分かりやすくなったりするのも良かったです。サンダージョーのディスクランチャー捥ぎ取って乱射するの最高に気持ちいい。そのあと尻尾で殺されるんですけどね。

ついでにフォーカスについての提案なんですけど、初心者って多分あんまり新しい武器とか使えないと思うんですよね。

新しい武器を買うにしても、どれ買ったらいいか分からない、使い方も分からない。調べるのも酷、そんな感じかなぁと。

そこでこう、フォーカスの機械獣のデータのところに倒し方のヒントみたいなのあったらいいかもって思ったりします。もちろん見る見ないは任意で。

例えばコラプターには火の弓矢だったりロープキャスターで動きを封じると良いみたいな。そしたら倒せなくて途方に暮れているときの助けになって、新しい武器にしても買うべき武器が明確なので困らないんじゃないかなと思ったりします。

そこで使い方にも慣れれば今後使える武器として幅が広がってもっと楽しくなりそう。
まぁ、どうなんでしょうね。


なにはともあれ最高に面白いゲームでした。








MOTHER3


※この記事はゲームのネタバレを含みます。紹介対象のゲームをプレイしたことのない方はクリアしてから閲覧することをお勧めします。


もはや取り上げたゲームを忘れそうです。
あまりにも不定期更新。

f:id:Siratama876:20161029173532j:image

MOTHER3は個人的に大好きなゲームです。
容量があったらもっと凄いゲームになっていたんだろうなといつも思います。

泣けるゲームって実はそんなに出会ったことがなくて、数本なんですけど、MOTHER3はその内の1つです。めちゃくちゃ泣きました。

終わったあとの脱力感?虚無感?が凄くあるほどそのシナリオに対しての満足って大きくなると思うんです。
アニメ見終わったり小説読み終わったりした後ってそういうのあるじゃないですか。

RPGも、泣けたり、熱くなれるものは凄い良いなって思います。
面白さが1番重要だとは思いますけどね。

面白さで言うと、MOTHER3の戦闘は独特でドラムロール式+サウンドバトルっていう斬新なものです。面白いです。
相性悪いでしょって思うかもですけど、まぁ別にそんなこともないです。もとより後半はサウンドバトルさせる気ないんで出来ないんですけどねサウンドバトル。


最後にポーキーについて。
色んな意見が飛び交ってますが、見解は視点によって変わっちゃうとは思います。

MOTHER2をやってきたプレイヤーからするとポーキーを救ってやりたいって気になります。あいつも可哀想なやつだから。ネスがここにいたらいいのに。って思います。

ただ、リュカ達からすると何の擁護のしようもない大悪党なわけで、リュカ達に感情移入するなら、あいつは是が非でもぶっ殺さないとならない仇だと思います。絶対安全カプセルに閉じ込められようと同情は出来ないです。

なのでまぁ、MOTHER3のラストはあれで良かったんじゃないかなと思います。

でもやっぱフランクリンバッジは捨てた方が良かったかも知れませんね。


それと、時間があったらリュカとクラウスの名前の由来である悪童日記も読んでみたいです。


おしまいです。
ありがとごじました。


妖怪ウォッチ


※この記事はゲームのネタバレを含みます。紹介対象のゲームをプレイしたことのない方はクリアしてから閲覧することをお勧めします。


名前すら知らないという人は、殆どいないのではないでしょうか。
今回はそんな超有名ゲーム妖怪ウォッチです。

f:id:Siratama876:20160902010500p:image

とは言っても、名前しか知らないという人が多いと思うんです。
妖怪ウォッチって何なの?元はゲーム?アニメ?おもちゃ?
っていう人がね、多いかと思うんです。

まず、すべての元はと言うと、レベルファイブという会社が開発した3DS用ソフト、妖怪ウォッチになります。これが最初です。
ちなみに妖怪ウォッチというのはゲームに登場するアイテムの名前です。これで妖怪を見つけていくわけですね。
そんな感じで始まって、アニメになって、妖怪体操第一でかなり認知度が高まったという感じでしょうか。

シリーズものではなく、完全な新作での大ヒットというのは本当に凄いと思います。
正直これから先あまりそういうゲームは出ないんじゃないかと思ってしまいます。


さて、大人の世代になってしまいますと多くの人が、ポケモンみたいなもんでしょ?とか子供向けゲームだよね、とか言ってしまうんですけど、そんなこともないんですよね。

というか、簡単なイメージあったんですけど戦闘とか普通に難しかったです。ボスに何回か負けました。

f:id:Siratama876:20160902011359j:image

倒し方よく分かんないんですよ。
ねらうって何やねんって感じでした。最初は。

慣れればサクサク倒せるようになると思います。でもボスはタフだから時間かかるの。

ただ、戦闘以外にももう1つ、鬼時間は全然だめでした。始まったらすぐ出口めがけてダッシュでした。もはやタイムアタックです。

いや、でも、赤鬼の足速すぎじゃないですかね、せめてチャリンコ使えたらいいのに。


最後に旅で最も活躍してくれた妖怪を紹介します。
ん?妖怪を紹介って韻踏んでますね?

はい。こいつです。

f:id:Siratama876:20160902012352j:image

バクロ婆です。
人に取り憑いてその人の心の声を暴露させる妖怪で、まぁそのイタズラは悪い半分良い半分みたいなもので、それはどうでも良いんですけど、戦闘でとても活躍してくれるんです。

何を隠そうバクロ婆は貴重な回復要員でして、味方を助けてくれるやさしいおばあちゃんなんです。やさしいおばあちゃんなんて言うと狼を召喚してきそうでやさしくない感じがしますが。全然癒しです。

とりあえず本当にバクロ婆には感謝です。ラスボス戦にはさらなる活躍を期待してババァーンに進化もさせました。
でもババァーンてひどい名前だなぁってずっと笑っててラスボス戦どころじゃなかったですけどね。


まとめ!
妖怪ウォッチは結構面白いゲームでした!
特に、赤信号渡ったら殺されるところとかが!


p.s.
やさしいおばあちゃんってこれね。
f:id:Siratama876:20160902013819p:image









ゲーム以外の話


自分で言うのも変ですけど、几帳面な性格なのでゲーム紹介以外のことを書きたくはないです。

でもなんか普通のことも書きたいと思うじゃないですか、人間だから。
もし、僕がゲームだけしてゲームを栄養にゲームと一緒に生きてるゲーム生命体だったとしたら、ゲーム以外について書くことは出来ないですけど。違うわけですから。こいつは何を言ってるんだろう?とかは考えないで下さいね。


で、別のブログに書こうかとか、そもそも書くのをやめるかとか、迷ったんですけど、
僕のはてなブログ継続の意味も込めてゲーム紹介専門からゲーム紹介8割その他トッピングもろもろブログにしちゃいます。

8割って言いましたけど気分的な数字で、信憑性は全然ないですし守る気もないです。

でも一応ゲーム0割にはならないようにします。もう書いてるから絶対ならないですけど、そういうことではなく。ね。







OFF


※この記事はゲームのネタバレを含みます。紹介対象のゲームをプレイしたことのない方はクリアしてから閲覧することをお勧めします。


インディーゲームには魅力的なものがたくさんあると思います。
そんな中、最近目にとまったのがこちら。

f:id:Siratama876:20160818200116j:image

OFF
海外のフリーゲームです。
あれ?正確にはoffなのかな?個人的にタイトルはキチンと書きたいんですけど、まぁ今回はOFFでいいでしょう。大文字の方がかっこいいもん。

このゲームは海外、しかもフランスの方が作ったものなのでばりばりフランス語で、読めるわけがないんですけど有志で英語版が出てたのでそちらをプレイしました。

が、ダサいことに英語も読めないのでプレイ動画を見させて頂きました…。
いや、言い訳すると、割と分かるんですけどJadge君の台詞が難しすぎて、どうしても僕は寝ちゃうんですよ、、村上春樹みたいな感じの文章ですきっと。読んだことないんで分からないですが。

f:id:Siratama876:20160818201309p:image

ただ、日本語版もファンの方が作ってくれたみたいなので、やってみて下さい!宣伝

一応ホラーっぽい感じなのかな
でも、ホラーというか、奇妙で独特な世界観のゲームでいわゆる脅かし系のホラー要素とかはないので、ホラーじゃないかも。いや、でも怖いしホラーかも。

あと、このゲームはメタいです。
そういうストーリーです。

f:id:Siratama876:20160819010418j:image

とにかく雰囲気が凄くてのめり込んでいってしまうゲームです。そして最後がどうなるのかとても気になります。

たまにはこういうゲームも、面白いですよね。


最後に、このゲームの魅力はBGMです。
ミュートでやるのは論外みたいなことを言われているほど魅力的であります。

まぁこれも、独特な感じのBGMであります。
僕はとても好きです。

f:id:Siratama876:20160819010758j:image

おわりです。
オフの日に投稿しようと思ったのに無理でした。まぁそれは置いといて、もう寝ます。
電気をOFFにして。おやすみなさい。








Undertale


※この記事はゲームのネタバレを含みます。紹介対象のゲームをプレイしたことのない方はクリアしてから閲覧することをお勧めします。


お久しぶりです。

最近は海外のゲームにハマっているのでインディーゲームの紹介が続きそうです。

今回はその中でも抜群の完成度を誇るゲーム、Undertaleについて書いていきます。

f:id:Siratama876:20160717134352j:image

このゲーム、鳥肌が立つほど素晴らしくて、ファンもめちゃくちゃたくさんいるので批判しようものなら凄い勢いで怒られそうです。

と言っても私は絶賛しかしませんが。

まず音楽が最高です。
このゲームをクリアした後にサントラを聴くとすーごい泣けます。
というか本当に全ゲームの中でもトップクラスに好きなBGM達になりそうです。なったかもしれません。

その中でも一番は?って聴かれると、答えられるんですけどどうしても一番がころころ変わっちゃいます。
でも何回も聴いてると結局Pルートのラストの曲が最高だなって思います。

Pルートって言ったようにマルチエンディングなんです。エンディングの種類は大きく分けて3つ、細かく分けると数えきれなさそうなくらいあるので、全部は知らないですが、本当にどのルートも凄い。

そして、全部のルートをやると物語の真実が判明していくのも凄い。
それでも謎はいくつかありますが、想像にお任せと言ったところでしょうか。


んー、
なんか、ネタバレしたくないので画像が全然載せられないんですけど。

今度もう一回Undertaleの記事書きましょう。ネタバレしまくりで。


とにかくこのゲームの凄いところは
シナリオ
演出
音楽
戦闘の面白さ
その他諸々
と、もう全部です。結局全部です。

特に、パソコンのゲームならではのメタ要素がこのゲームを最高傑作たらしめる要因だと、私は思います。

本当にとんでもないゲームです。
ゲーム好きな人はやってほしいな、中でもMOTHERとか好きな人は絶対やってほしいな。


f:id:Siratama876:20160717140343p:image
可愛い可愛いマフェットちゃん。